2012年07月02日

起業するとは

僕は、起業すれば、すぐに成果がでると思い続けていた。

また、したい事もたくさんあるので、理想と現実のギャップにかなり悩まされた。



そして、応援してくれるサポーターからもどうだどうだとせかされる。



起業してあっという間に収益化に成功される起業家もいるのは事実だ。



しかし、僕はそんなカリスマ経営者だとは自分のことを思わない。

只の凡人だ。



時間がかかっては駄目なのか?

なぜそんなに成果を急ぐ?



プレッシャー、自己嫌悪に押しつぶされて辞めてしまえば、先には何もない。

でも、やり続けていれば、多少時間がかかっても何かできるかもしれない。



僕は不器用な生き方しかできない。

ただ、誠実さ、真面目さは人に負けない。



早いばかりがよいわけではない。

僕は絶対に傲慢経営者にはならないと思う。

なぜなら今のこの状況が弱い人の気持ちを学ばせているから。



社員を使い捨ての様に扱う経営者は、人を使えるぐらいのビジネスに仕上げているのですごいと思う。

ただ自分一人の力だけでできたのではない事を勘違いしている。いつ潰れるか分からない小さな会社で働いてくれる社員に感謝すべきだ。そして実務はみんな彼らがやってくれるから今食べていける事を認識していない。

それは、とんとん拍子で軌道に乗り、人として成長する機会がなかったからだと思う。



起業は速さを競うものではない。長い目で見て最後に勝っていればいいのだ。



今、ふとそんなことを感じた。
  
今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 23:26Comments(0)

2012年07月01日

今の気持ち

久しぶりの更新になる。



去年の今頃は、売り上げを上げないとというプレッシャーに押しつぶされそうになり、気が狂いそうになっていた(笑)

あれから1年。



僕は何を手にしたのだろう。



何一つ手にしていない。そして、思い描いていたものがすべて泡のように消えて行った。



多くの人に話を持ちかけ、何もできずに迷惑をかけてきた。



この一年、何度も何度も死を考えてきた。いや、死という選択肢にたどり着いたのだ。



しかし、今は妙に心が穏やかだ。

この先の保証は何もないのにだ。



何か見えているのだろうか?

今日から7月。

もう一度気持ちを入れ替え、しっかりPDCAをし、生きざまをブログに残す。

超基本の基本からしっかりしたい。



ただひとつ言える事は、苦しんだだけ、多くの事を学ぶきっかけがあった1年である事は間違いない。

そして人間的だけは、成長したと思う。



経営とは、心を強くすること。

この意味が少し分かった気が最近する。
  
今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 23:59Comments(0)

2012年06月08日

第2期目スタート

今日からいよいよ2期目のスタート。

1期目は何もできなかった(何も形にならなかった)。

これが1つの結果だと思う。

そんなの偉そうに言うなよと言われてしまいそうだが、自分が実際にあれこれやってもがいたから出せた結論だ。

ユニクロの柳井さんにしろ、サイバーエージェントの藤田さんにしろ『やってみないと分からない』と著書で言っているが、本当にそうだと思う。この1年でやった事全て、考えた時は上手く行くと思ったからやった。でも、実際にやってみてそれでは収益を生み出せない事が分かった。

インターネットにこだわりすぎるのも、ベンチャー企業には意味がないことが分かった。

集客ができないのだ。ネットは確かに便利であるが、万能ではない。

例えば、ネット専売にすることにより保険料を下げたネットライフ生命。特に家族持ちの若い世代にはニーズがあると思う。年収が上がらないけど、もしものことがあった時には家族を守らなければならないので。

しかし、生命保険等を日常的にネットで検索している人なんてほとんどいないはずだ。

今このブログを読んで下さっている方も、ほとんどが何かを調べたくてネット検索する事の方が圧倒的に多いのではないだろうか?

ネットライフ生命はテレビ等でたくさんCMを打って自分の存在を知ってもらう事により、『ネットライフ生命』を検索させている。つまり潜在ニーズの顧客にこんなにお得な保険があるんですよと広告した結果消費者が行動を起こし多くの売り上げにつながったのだ。

SEO対策をちまちまして、生命保険等のキーワードで上位表示させるだけでは、今の結果にはなっていないと思う。いいものがあってもネットは自分が思いつかないもの、知らないものは、検索できないので、”表示させることができない”のだ。

しかしCMをガンガン打つなんて潤沢な資金がある一部のものにしかできない。つまりしがないベンチャー企業にはできないわざなのだ。

もちろん、ネット販売は意味がないとは言わない。有名な商品等を取り扱う場合は、それを目的に検索してくる人がいる。しかしそこにはすでに大量販売されている方の価格には新規参入者は対抗できない。

ネットは、小資本で何かをできると言われているが、そんなに簡単に何かを形にできるわけではない。
ホームページをたくさん立ち上げたから分かった事。


でもおかげで、ネットありきから、離れて考えてみようと思える事ができた。

『失敗は成功のもと』とは言われるが、本当に失敗するから、それを踏まえた考えができるようになると思う。

少なくとも僕は、1年前よりアイデアを出すときのレベルは上がっていると思う。



さあ、今年は何か目指すべきものを見つけたい!!  
今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 01:04Comments(0)

2012年03月28日

ユニクロ、柳井社長の本を読んで

以前、本を紹介していたのですが、知らないうちに、誰かがその本を実際に購入して下さっているようです!?
僕自身も、人がいいよとお勧めしているものをはしごしている感じなので、自分が読んでよかったと思えるものは、このブログを読んで下さる方の役にも立つかもしれないので、今後も不定期ですが紹介したいと思います。



僕は、昨年10月にもともとしようとしていた事業から撤退する事を決めた。
それは、あまりにも安くでしか販売できないので、仕入先を叩く必要がありました。しかもせっかく価値あるものを安くで売ってしまえば、工場で丹精込めて作っていただいても私が無価値にしている事になる。

これでは、社会的意義がないと考え、早かれ遅かれこれでは、淘汰されると思い、決断しました。

そして、これから新たな新事業を立ち上げます。

そんな中、ユニクロの創業者 柳井 正さんの『成功は一日で捨て去れ』を読み、続けて『一勝九敗』を読んだ。



時間的には、『一勝九敗』が先で、『成功は一日で捨て去れ』が後になる。

柳井さんがどうすごいかの武勇伝は、あえて言わなくても、テレビ、新聞、雑誌等で誰もが一度は耳にしたことがあると思う。



柳井さんがすごいところは、成功談(=自慢話)だけではなく、数々の失敗談も包み隠さず話しているところだ。

カリスマ経営者である柳井さんですら、『実際にやってみないと分からない』と断言している事、そして、チャレンジして失敗する事は全然悪い事ではないと言い切っている。失敗するより、チャレンジしない方が悪だと。実際、中国事業に関しては、『一勝九敗』ではスタートしたばかりで担当者に期待しているみたいに書いているのに、『成功は一日で捨て去れ』では、その担当者では上手く結果が出せず、香港で結果を出した担当者がリベンジをして軌道に乗せている(笑)



大荒れの海の中、小さな手漕ぎボートで相変わらず、方向も分からずうろちょろし続けている僕にとっては、すごい勇気づけられた。



2人の友人から僕はもっとバーンと投資しないとダメよ、起業はギャンブルみたいなもの、倒産を恐れていては駄目だみたいに言われて、正直迷っていた。僕にはまだこれだと見えるものがないのにバーンと投資する気にはなれない。それよりも一日でも永く続けられるように、小さなことにもけちけちです(笑)起業はギャンブルじゃない、倒産したら元も子もない。これが僕の理論だった。



畏れ多くも柳井さんと同じ考え。柳井さんがそうおっしゃっているなら自分の考えに自信がついた。

柳井さんは『ブレークスルー』という言葉が好きなようで繰り返し使われていたが、『ブレークスルー』する点が見えるまでは、大きく賭け(=投資)にでては行けない事も学べた。



上手く行っていない時に読むと、それを乗り越えて大きな結果を出している人の声だからしっくりくるし、頑張るパワーをいただけると思います。
  

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 20:54Comments(0)

2012年03月27日

負の力

時間的には、したい事をしたい時にしたいだけできるという、自由を手に入れた。

だから今年の年末までに『金銭的にも、少しでもしたい事をしたい時にしたいだけできるようになる』という現段階では夢に近い目標を持っている。

この目標は、1、2ヶ月前に立てたものだが、その時は、ただ単にお金持ちになりたいという思いと、色々人からお話=チャンスがもらえても直近の利益に結び付くものではないと判断し、あきらめざるおえない事が多く、もったいないという思いからであった。

最近は、もう1つの理由が新たにできた。それは『人と会う』ため。

事業を始めたばかりの僕は、信用があるわけでも、実績があるわけでもない。

だからこそ、仕入先を探すにしても後ろ向き(=否定的)な事を言われることが多い。

僕はこれをとても悪い事だと思っている。

自分がいくらやる気を持って、高い志を持って頑張っても、否定的な事をたくさん言われたり、悲観的な人とたくさん関わりを持つと負のエネルギーを知らず知らずのうちに浴びせられて、自分の情熱を奪い取られてしまうからだ。

自分は変わる事が出来ても人を変える事は難しい。

だからこそ、前向きな人とたくさん会わないといけないと感じる。友達でも、経営者でも誰でも良い。とにかく前向きな人に。
そうする事によって、仕事で浴びた負のエネルギーをプラスのエネルギーで消す事が出来る。

僕の会いたい友達は、東京に多い。だからそこに行くためにはお金が必要になる。

あ~、長期的な投資ができるぐらいになったらどれだけ楽しいだろう。
会いたい時に会いたい人に会える。幸せだと思うし、すぐ行動できることが楽しいだろうなあ。

夢をまずは手に届く目標に変えるため、コツコツ頑張ろう。”コツコツ”。これがキーワードだと思う。  
タグ :負の力

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 14:14Comments(0)

2012年03月26日

リーダーになる資質

経営者は従業員を抱えるようになるとリーダーにならなければならない。

僕のおかれている環境は、この上なく厳しい。この上なく。

だからこそ、気持ちが常に不安定で、感情的になってしまう事がある。

そのたびに思う、今の僕にはまだリーダーとしての資質がないと。

でも、この気づきが大変重要だと思う。気づくからこそ改善しようと思う。成長しようと思う。

確かに今は非常に苦しい。起業するのは簡単、誰でもできるが、それを続けていくのは、尋常じゃない。

逃げ出す場所もない。だからこそ、小さい頃から今まで何のために頑張ってきたのだろう。そしてなんでまたこんなどん底にいるのか、いなければならないのか。常に考えてしまう。でも全然駄目な今の時間はとても大切だと後から思える気がする。

極限の状態にあるからこそ、謙虚な気持ちになれ、気づき、学ぶ事が出来る。それが、自分の小さな器を少しでも大きくしようとし、結果として、リーダーとしての資質を備えているのだろうと思う。

起業したばかりの苦しい時期は、従業員を雇う事になる前の自分磨きに与えられたチャンスのような気がする。  

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 12:23Comments(0)

2012年03月25日

記録を残す事

日々生きている中で、自分の頑張りを客観的に見返すために、記録をつけておくのは非常に大切だと思う。

人間は良くも悪くも忘れてしまう。ちょっと思った事でも書き留めておくことで、後で振り返った時に、こんな事を当時は思っていたのかと気づかされることがある。

僕自身、ブログを書き始めて既に半年が過ぎている。ビジネスの結果はいきなりど~んとでるものではなく、日々の積み重ねだと思う。自己回帰する材料(ブログ)も日々の記録があるからできる。
ちょっとした事でも書き留めておく習慣、大切だと思う。

起業してから自分自身に感じる事は、『前に進んでいるか、成長しているか』が常に気になる事。

僕は、起業をずっと考えていたので、サラリーマン時代も色々な経験を積みたい、色々な知識をつけたいと貪欲に働いてきたつもりだ。しかし今感じるのは、サラリーマン時代より更に時間経過と自己進化の関係が気になる。

今日は就職してから今までの棚卸をしてみた。

サラリーマン時代の事を思い出そうとしたが、既にあやふやな記憶になっている。救いなのは、転職時に使った職務経歴書を残しているので、それを見ればしっかり思い出す事が出来た事だ。

反省するにも材料がいる。そのためにその時その時の思いを字にして残しておくことは大切だと思う。  
今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 12:34Comments(0)

2012年02月29日

今に集中する事

先日下記のブログを読んで、今に集中する事の大切さを感じた。

http://www.joywow.jp/wpoj/archives/137

そして、昨日、あるオーナーを取材している時、同じ事を言われた。

『今を生きる。毎日毎日その日を一生懸命生きる』と。



ブログもオーナーも共通して言われるのは、

過去は過去の事実として変えようがない

未来は、いくら予測しても知る事はできない



それならば、過去や未来に無駄なエネルギーを注ぎ込むより、今に集中した方がいいと。



オーナーは、さらに言われた。

未来の自分から今を見れば、『そんなに心配しなくても上手く行くんだって』と思うけど、今の自分はそんなこと知らないし、今の困難を上手く乗り越えられる保証なんてどこにもない。しかし、こうして日々起きている事は全て偶然ではなく、必然なんだと。



このオーナーは経営者になろうと思ってなったのではなく、偶然に偶然が重なって店舗を構えて経営者になった。経営者になろうと思っていたわけではないので、事業を始める時は、資金など準備していなかったし、お金もなかった。しかしもう10年以上経営を続けておられる。こんな奇跡的な事を経験されておられるから、上記のような事が断言できるのだ。



しかしそんな困難な中でも『根拠のない自信』はあったそうだ。

『根拠のない自信』、僕のとても大好きな言葉だ。



本当で事業を継続できるのか、新事業を上手く立ち上げ、上手く軌道に乗るのか、不安ばかりで少し、パワーダウンしかけていたが、力強くオーナーに言われると、『根拠のない自信』が出てきた。



過去や未来を考えるより、今に集中して、今に生きます。
  

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 14:38Comments(0)

2012年02月21日

プレッシャーの対処法

新規開拓を行う時とか上手く行くかどうか、不安になる時がある。



そんな時、大切なのが、自分の気持ちをどう高めていくかだ。



先日こんな記事を見つけた。メジャーリーガーのイチロー選手は、一人実況中継をするらしい。

『さ~、イチロー選手、バッターボックスにゆっくりと進みます。対戦相手は、、、、』

という感じで。



その中で大切なのは、必ず良い結果で終わらせる事だそうだ。要はイメージトレーニングを行う事によって、これから起こる事を事前リハーサル、仮想体験する事を通して不安を軽くし、上手く緊張を弱めながら、気持ちを盛り上げる。



不安や緊張というのは、自分の知らない状況や体験した事のないものへの自己防衛本能から来るものらしいです。

その点実況中継と言うのは、現在の状況をイメージできるだけでなく、ストーリ仕立てになっているので、これから起こる事を一度頭の中で実行させる事が簡単にできるのです。



私自身も確かに事前準備をせずに交渉に臨むとダラダラとしたものになりますが、事前準備をしてシュミレーションをして臨むと、現場でデジャブを起こしている感じがして非常に有意義な時間を短時間でする事ができます。



経営者は常に新しい事に立ち向かっていかなければならないので、プレッシャーへの対処法大切です。





  

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 14:32Comments(0)

2012年02月10日

リーダーとして背中を見せる有用性

今年は、本当に雪がよく降ります。

以前、雪かきを通して学んだ環境が人の行動を変える実証結果という記事を書きましたが、更に学んだことがあります。



我が家のご近所さんは自分のところだけを雪かきする事が習慣化されています。我が家のお向かいの1軒は祖父の代祖父同士が大喧嘩をして以来、犬猿の仲になっており、祖母、両親共にそれを引き継いで、言葉も交わさない間柄です。



我が家は祖父母共に、向かいの家はおじいさんが既に他界しています。私が雪をかいている時にお向かいのおばあさんが外に出てきても長年犬猿の仲だけあり挨拶をしても無愛想な表情のまま何も言われませんでした。本当に感じ悪いです。

(ちなみに私は幼少期父の仕事の関係で離れてから、両親は戻ってきても県外の学校に通ったりしたため起業するまでここには住んでいません)



しかし先日雪をかいている時に外に出てきて、初めて笑顔で、向こうから、『きれいにしてもらって、えらいすいません』と言われました。



実は私は雪をかくときに時間があれば向かい側まできれいにかいていました。大雪なので向かい側までかくと2、3時間かかります。しかし私は自分のところだけという小さな心ではなく、歳もとって雪をかくのは大変だろうと思い、手間をかけていました。



良い行動をすれば、人の心が動くことがあるのです。



2011年女子ワールドカップ優勝のなでしこジャパンのキャプテン 澤 穂希さんの著書『負けない自分になるための32のリーダーの習慣』にも『リーダーは「背中」で見せる』という事が書かれています。



仕事面でも大変な事、面倒な事、つらい事は、人に任せるのではなく、まずは自分の頑張る姿を見せられるようなリーダーになりたいと思います。それが、人がついてきてくれる信頼されるリーダー像だと雪かきを通して気づかされました。



  
今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 18:50Comments(0)

2012年02月04日

北京支社

今日MSNを開くと中国の友人から伝言が入っていた。

『相談したいことがあるから連絡をくれと』



それを見た数時間後、友人がログインしてきて、チャットしていると、

自分で事業したいから当社の中国子会社を作らせてくれないかと言う話だった!?



僕は一切出資等はしないが、このへなちょこ会社がもう支社の設立!!

しかも北京に!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



友人とは、10年以上の友達だし、悪い事には手を染めないと思うし、何より信頼しているので、本人に対する不安はない。もし万が一裏切られたら、その時はその時。僕の人を見る目がなかったと判断する。



う~ん、起業すると色々な事が起こります。自分が夢にも思わなかったようなことが。



さて、どうなるのでしょう。もし小顎が本当に支社作ったら、当社のホームページ、見た目はすごく立派な会社っぽくなりますよ、きっと(笑)

なんせ、海外支社なんて項目書けるんですから。
  
タグ :北京支社

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 00:40Comments(0)

2012年02月01日

問題点はいつも自分の中にある

他人の性にして逃げていては、問題は解決しない事は、既に学んでいた。

そして、問題から逃げないように行動していたつもりでした。



しかし、昨夜友人と電話していて、友人から仕入先を開拓する時に、

『なぜ、断れるのか』と何度も問いただされた。



仕入先が『現在の自分から変われないから。新しい事に取り組むのは力がいるから』等考えていたが、

正に他人の性にしている事に気が付いた。



それは、『仕入先側からすれば、実績もないお前と組む事にメリットを感じていないのではないか?』

という、友人の鋭い突っ込みからであった。



買い手である僕が、新規市場をほぼリスクゼロで、開拓していくというアプローチに対し、なぜこんなおいしい話に乗ってこないんだと始めは断られた事にショックとともに怒りすら感じた。それを恩師の言葉により救われ、他人の性にして問題を処理しても運よく今も行動し続けられているが、、、、



よく考えてみると、どこの馬の骨ともわからない、しかも本当に商売につながるのか分からない僕に、その話に乗ろうとおっしゃって下さる経営者の方には感謝しなければならない。



『問題点はいつも自分の中にある』、分かったつもりでまだ自分のものになっていなかった。

この事に気づかせてくれた友人にも感謝。



自分ではよ~く考えているつもりでも、気づけていない事がたくさんある。

だから人と話す事は大切です。
  
タグ :問題点

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 23:51Comments(0)

2012年01月26日

初売上

初めて売上が上がりました。10年来の友人が事業を始めるので会社のホームページ作成を依頼してくれました。売上8.4万円です。金額うんぬんより、売上が上がらず困っている僕を見かねて助け船を出してくれたのが本当にうれしいです。また、初めての売上はたぶん一生忘れる事がないと思うので、今後もずっと付き合いのあるだろう人と言うのもうれしいです。
値段を叩かれ叩かれ、いやいや商売をしたような人が初めてのお客様と言うのはさみしい気がしますので。



また、今この時期の売上と言うのも特別な意味があります。1月末で働き始めてから半年経つので、第一四半期は無売上でしたが、半期は売上を上げて折り返す事が出来たからです。



半年かけて8.4万円。バイトでも1ヶ月でもっと稼げるでしょう。起業という生き方。非常に効率悪いです。でも頑張っても頑張らなくても月末になれば給料が振り込まれるサラリーマンと違い、お金を稼ぐ事の大変さを実感しています。
そして時の流れも、非常に濃いです。小さな事に感謝できる気持ち、小さな出来事からも多くの事を気づき学べるようになりました。



起業って過酷な状況下において、自分の限界との勝負なのでとても辛いです。でもその分上手く事が進むととてもうれしいし、毎日1秒1秒が勝負なので生きてるって感じがすごくします。



今回の売上は神様がこれ以上僕を追い込んだから頑張りきれなくなるだろうと、小さなご褒美だと思っています。
これを励みに第3四半期頑張ります!!



事業の方向性が見え始めた時に、初めての売上のこのブログを見てどう感じるか楽しみです。



占い通り、2月から幸運期に入れそうです。うれしい!!!やっぱり信じる事、大切です!!!
  
タグ :初売上

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 00:00Comments(0)

2012年01月24日

環境が人の行動を変える実証結果

昨夜から大雪が降ったようで、今朝起きて外を見ると一面の銀世界でした!!



前回の大雪の時に私が気になったのは、我が家のご近所さんの行動。

前回は、お昼か、午後か不確かですが、その頃に外に出ると!?我が家のお向かいさん2軒共家の前をきれいに雪をかいていらっしゃる、、、しかし、我が家の方にはてんこ盛りになった雪が!?



我が家の方に雪をかき分けて自分のところだけきれいになればそれでいいのでしょうか?

この状況を見て、はらわたが煮えくり返りました(笑)お向かいさんに『スコップもって外出て雪かけ!!』って切れてやろうかとも思いました。



今日は、9時には外に出たので、お向かいさんもまだ雪をかいていらっしゃらなかったです。

そこでちょっと考えてある実験をしてみる事にしました。



何をしたかといえば、我が家と我が家の駐車場のところだけきれいに雪をかきました。前回のお返しだ!!って、お向かいさんのところに雪を積んだりはもちろんしていません(笑)



近くのどぶまですべての雪を運びました。途中でお向かいさんも雪をかこうと表に出てきましたが、車1台ぎりぎり通れるぐらいの間隔なので、作業しにくいと思ったのかすぐにまた家に入っていかれましたが、私の作業(どぶまで捨てに行く)は、見られていたと思います。玄関と駐車場のところだけ完璧にきれいにかく事をしたかったので仕事もせず朝から3時間も雪かきをしました。



作業が終わると(もうお昼でしたが)、家に帰りました。そしてどのような反応が起こるかわくわくしながら夕方用事をしに外出する時に見てみると!!期待した通り!!我が家の方には全く雪が積んでありません。朝の状態のまま(玄関と駐車場のところだけきれいになっており、その他の部分は昨夜からの雪が積もったまま)。



1軒のお向かいは前回のように全然きれいにしていません。出入り口のところのみかいてあり、しかもかいた雪は出入り口の左右に盛ってありました。もう1軒は前回と同じようにきれいにかいてありましたが、どぶまで運んだのかそれとも自宅の敷地内に持っていったのか分かりませんが、我が家の塀にてんこ盛りなんて前回のような状態にはなっていませんでした。



つまり、何が言いたいかというと、商店街のシャッターの落書きと同じ事が言えるという事です。

商店街の店主たちは、誰がやったのか分からない落書きに困り、シャッターにきれいな絵を描いたら落書きされなくなったと言う話です。



今回、私は、お向かいさんのところに雪を持っていく事なく、玄関と駐車場のところをきれいにかきました。しかも1軒は私がどぶに運んでいるところを目にしました。そうすると、我が家の方には雪が積みにくいんです。もう1軒も、もし作業を見ていた家の方が先にかいていれば、人のところに雪を盛らず自分の家のところに盛ってあると我が家の方に自分だけ雪を積むのはしにくいです。そしてもしこの家の方が先の場合でも、きれいになっているところに雪は持ってきにくい。



きれいなところは、お互いがお互いによいプレッシャーを与え、汚しにくいんです。



逆に誰かが盛れが自分もと自己中心的なモラルのない行動の連鎖が起きます。(前回の大雪がまさにこれ!!)



以前、中国の友人が言っていた言葉を思い出したのですが、中国は改善しなければならない事(コピー商品、モラル向上等)がたくさんあるけど、外国人も中国に来ればすぐに中国の習慣に染まると。



要はいい環境にはいい習慣が、悪い環境には悪い習慣がついてしまうという事です。



文句を言うのは簡単ですが、自分が正しい行動をしてよい環境を作り、人の行動を変えて行くというのもありだと思いました。



このやり方を今後の経営にも役立てて行こうと思います。『社員は社長の鏡』と言われる方がおられますが、もし社員に不満があるのなら、自分がいい環境(良いお手本)を示せていないという事だと思います。



雪かきを通していい勉強ができました!!同じ人でも行動が全く異なってしまう、、、環境づくり、大切です!!

  

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 23:34Comments(0)

2012年01月15日

決断できる力

小泉政権以来、超短期間にたらいまわしのように首相が変わってきた。



各首相経験者に共通する事は、これといった成果がない事だ。長引く不況、東日本大震災、米軍基地問題、拉致問題、北方領土問題等課題は山積みであるにも関わらず。政権交代につながった麻生元総理、そして先日まで総理であった管前総理に関しては、仕事よりなにより内閣総理大臣というポストに1日でも1時間でも1分でも1秒でも長くいたいという始末(> <)



片や地方行政に目を向けてみると、前宮崎県知事東国原氏、前大阪府知事現大阪市長橋元氏、東京都知事石原氏等独裁的など批判はあるがそれなりの成果を残し評価すべき点がある。



例えば、大阪府。財政危機に陥り、立ち直しに迫られていた。横山ノック氏、太田房江氏が知事になった。太田氏はなる物入りで知事になったにもかかわらずいざ知事になると、沈黙状態。何をやってきたのかよく分からずに任期を終えた。



その後橋元氏が知事へとなった。厳しい発言が、多くの反発者を招いたが、大阪府は回るようになった。



石原都知事も昨年末震災がれきの受け入れを決めた。税金が東電に渡る等の批判はあるが、東北の被災現場が最も求めているのは1日も早い復興、元の生活である。これだけの事ができるのは、潤沢な資金がある東京都以外にできないし、東京都は福島原発の最大の恩恵を受けている都市でもある。



小泉元首相、東国原前宮崎県知事、橋元大阪市長、石原都知事共通していえる事は、決断をしてそれをやりきることができる事であると思う。確かに各政策には賛否両論あるが、決断しやり切っている。最近の首相はこれができない。反対意見におろおろし、右往左往しているうちに、何をやっているんだと、国民からの支持率がみるみる低下し、交代。これの繰り返しだ。



決断できる力、これを自分に置き換えてみる。

例えば、値決め。仕入先にいくらぐらいにすべきかお伺いを立てたくなる。他社の価格がこれだから、、、迷う。

決断するには勇気がいるし、周りの声によって不安になる。



不安でも言い切る事、そして反対、批判されても決断したことをやり切る事。これが、大切だと思う。正しいか間違いかは別として結果を出せば、自分の行動力を評価し支持してくれる人は必ず現れる。見方が現れれば、さらに大きな事ができる。



決断できる力、経営者として必要不可欠な力だ。

今から少しずつ付けて行こう。
  
タグ :決断力決断

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 02:03Comments(0)

2012年01月13日

上手く行かな時に読む事

誰でも簡単にできてしまう事をして何の意味があるのか。理想、夢は高く持たなければならない。自分の理想を具現化するためには、困難にぶち当たり、苦しい。なぜなら高い理想、夢だから。しかし不可能を可能にした時の喜びは絶対に想像を絶するはずだ。思うように事が進まないのは、想定外ではない。通過しなければならない予定通りの事に過ぎない。だから上手く行かなくてもあわてる必要はない。へこむ必要もない。現状をどう乗り越えるのか頭をフル回転して考えて先に進むのみである。

(2012.5.21追記)
失敗を恐れる必要はない。また失敗は悪い事ではない。歩こうとするから転んだのだ。マイナス評価は歩こうとしない事。
失敗しなければ、学べない。やってみなければ分からない。
  

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 23:33Comments(0)

2012年01月13日

プロ意識を持って働く事

今日、税務署に行ってきました。

書類の書き方で不明瞭な点があったので、確認するために、相談窓口に並びました。

担当の方に、ここの部分はこういう場合は、どういう風に書くべきでしょうかと質問したら、

とんちんかんな回答が!?



私が再度、税務署からいただいたマニュアルにはこのように書かれていますが、私の場合もこれと同じでよいのでしょうかと説明してもまだ要領を得ない感じ。たまたま私はそのマニュアルを持参していたので、それを見せるとへ~という感じ。



私が確認に伺った事は、何もすごく特別な事ではなく、年末調整の書類の事である。

私は思わず、『昨年末に税務署が我々事業者を呼んで説明会を行い、マニュアルを配り熟読して下さいと言ったマニュアルを読まれましたか?』と質問すると、『すいません』との回答。



そこで私はブチ切れてしまいました。私が年末調整のマニュアルの内容を税務署の担当者に説明をする、立場が逆じゃないのか?しかも私は、税理士でも会計士でもない、税務の素人です。



その担当者は私より年上の50代ぐらいの方。あまりにもプロ意識の欠如にあきれました。大体、仕事の準備もせずにお客様の対応をするなんて、ありえません。



もちろん、これだから公務員はという気はありません。市や県の商工労働部とつく所で働かれている方はどの県や市でも深夜まで働かないといけないぐらい忙しいそうです。ほかの部署、もちろん税務署でも一生懸命自己研磨し頑張っておられる方はいると思います。



リストラという言葉はあまり好きではありませんが、未曽有の不況と言われる昨今、民間企業で働いているとなんかしらの危機感を持って働いていると思います。こういうプレッシャーは必要だと思います。人間楽な方に流されやすいので、何もないとぽ~っと来る日も来る日も過ごしてしまう人が出てくるのです。



私は、社会人になるときに、リクルート主催の就活セミナーで『学生と社会人の一番の違いは何か?』という講師の方の質問が強く印象に残っています。



学生はお金を払って勉強している、つまりお客様であり、アマチュア、社会人はお金をもらって、労働を提供する、つまりプロフェッショナル。学生は少々怠けてもお客様なのでそう大きな問題にはなりません。でも社会人はお金をいただいているので完璧にできて当たり前。



今回担当していただいた方は、私から言わせれば、給与泥棒です。国民の血税でその人は養われています。税金を大切に使っていただきたいです。



私自身は今経営者となり誰からも管理されません。つまりプレッシャーがありません。今日担当していただいた方と出会い、自分もこのようにならないように日々プロ意識をしっかり持って自分で自分をしっかり管理していかなければならないと感じました。



また、いくら仕事ができない方だからといってブチ切れてしまった自分の行動には大いに反省です。

税務署に行く前、思うように事が運ばず気分が元々よくなかったのはありますが、経営者として会社を引っ張っていくためには、大きく構え、深い心を持たなければいけないと思う。切れるのと指導するのは違う。もっと心を磨き、魅力的な人間にまず自分がならなくては、誰が私についてきてくれるだろう。



今日は税務署にて、プロ意識と人間性について学べました。これも担当してくれた方のおかげです。出会いに感謝。
  
今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 23:14Comments(0)

2012年01月10日

なでしこジャパン澤穂希FIFA年間最優秀選手に

なでしこジャパン澤穂希選手が2011年FIFA年間最優秀選手に選ばれた。



これは男女通じてアジア人初の快挙らしい。

MVPと得点王に輝き震災で苦しむ日本に大きな希望とエネルギーを与えたワールドカップ優勝は記憶に新しいが、その後もロンドンオリンピックの出場権獲得、所属チームのINAC神戸のなでしこリーグ制覇などこの上ない1年を送ったらしい。



続けて、澤選手の言葉:
『自分の夢や目標を達成した時は本当にうれしいし、叶えられたからこそ、また次の夢や目標を持つことができる』
『苦しみを乗り越えた後は、いいことが待っているし、その達成感は苦しみの何倍にもなって自分に返ってくる。そして、苦しい思いをすると、同時にもっとやれる自分が見えてくる』
『何をやるにしても壁はある。壁にぶつかるからこそ、人は頑張れるんだと思う。最初からいい事なんてない。いいことも悪い事も知っているから、人として成長できるんだと思う』



どれもとても心に響く。そして気持ちのいい言葉ばかりだ。



澤選手の結果だけを見れば、ただすごいの一言で終わってしまうが、ここにたどり着くまでに想像を絶する苦しみを味わってきたはずだ。大きな結果を出せる人は、それだけ苦しんで苦しんできているので、人間的にも大きく成長でき、このような言葉が出てくるのだろう。



新米起業家の僕にとってもこの言葉は大きな力を与えてくれるし、立派な経営者になるためには、頑張らないといけない。

最初からいい事なんてないのだから!!



澤選手受賞おめでとうございます!!
  

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 07:46Comments(0)

2012年01月04日

2012年を占う

今日、たまたまyahooのトップページに無料占いという項目に目が行き今年の運勢を占ってみた。

その結果がこれです。




とってもいい1年になりそうでうれしいです。もちろん神頼みでは上手く行くはずもないので、しっかり努力しないといけないですが、こんな前向きの事ばかり書いてあると努力のし甲斐があります!!

よ~し、今年1年頑張るぞ~~!!



P.S.もし自分も占ってみたいという方は、http://newyear.yahoo.co.jp/fortune/ 2012/1/31まで掲載されているそうです。もちろん無料です。
  
タグ :2012年占い

今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 23:21Comments(0)

2011年12月30日

本を読む事

最近本当に本をよく読むようになった。



僕は元々本を読むのが好きではないし本を読んできていない。自慢じゃないが、小学生の夏休みはいつも課題図書では難しいので一学年下の課題図書を母は購入してくれていた(><)そして本を読むのが相当遅い。まあ本を読んでいないので速読の訓練されていないのでしょうがない。



ただ、中学生の時に塾の先生から新聞を読むように言われて、新聞を毎日読むようになったが、新聞だけは読むのが好きだ。受験には朝日新聞という事とうちがたまたま朝日を購読していたことで、朝日新聞を読んでいたが、現在は日経新聞読んだらほかの新聞は読めない論者の一人です(笑)



そんな私もお金がなくて今は新聞購読していませんが(笑)早く日経ぐらい購読できるようにならなければ。。。



そう、話は戻って、本を読むようになりました。



現実逃避するため?と思ったり、忙しくなって来れば、こうして本を読み漁る事も出来ないから、今のうちにしっかり勉強しておけという神様からのプレゼント?と複雑な気持ちを持ちながら読んでいます。



しかし、本を読めば本当に学ぶ事が多い。今まで起業するために貪欲に仕事をしてきたつもりが、いかに勉強不足かひしひしと感じています。



そしてまた感じるのは、経営者って本当によく本を読んでおられると感じる事。



僕が本を読むきっかけは2つ。他の人のブログとか何かの記事にいいと紹介されており、自分の自分に必要と思うものと、自分が知りたいと思っている事を解決するために見つけたもの。



だから何を読もうか困る事はない。また、一気に何冊も読んだかと思えば、全く読まなくなったりもする。それの繰り返し。読まなければいけないというノルマではなく、自然の行動だから本を読むのが好きじゃないくせに全く苦痛ではない。



8冊ぐらい束になっている本を普通に自分が読み終えているのが本当に不思議です。本嫌いの僕がこんな事ができるなんて。



しかし、本を読むのが今は楽しい。そしてたくさんの考え方を吸収しています。暇な現状に感謝。



こうして、時間を気にせず本を読みなくりたい時に読みたいだけ読めるというのも経営者の特権、経営者になる醍醐味だと思います。サラリーマン時代には、どんなに続きが読みたくても明日仕事があるからって終わりにしないといけないですからね。



この『したい時にしたい事をしたいだけできる』項目を1つでも多くしていきたい。そのためには僕はまずは金銭的自由を手に入れないといけません。
  
今日もブログを訪問して下さりありがとうございます。読んでよかったと言われる情報発信できるように今後も頑張っていきます。
Posted by 新米起業家 at 20:48Comments(0)